納骨堂にかかるコストの仕組み

納骨堂にかかるコストの仕組み 納骨堂は、骨壺を納めることができる場所で、お墓の代わりに利用するサービスです。
基本的に建物の内部に保管し、ロッカーのようなところに保管場所があるタイプが多いです。
また、中には自動搬出機を使って、礼拝口からアイシーカードをかざすと自動で礼拝堂まで遺骨が運ばれてくるタイプもあります。
これなら、お参りをする場合でも、お墓と同じように遺骨に対して礼拝をすることができます。
納骨堂にかかるコストは、一般的な人利用であれば50万円ほど、家族用であれば100万円程度が目安です。
この費用には永代供養料や永代使用料などが含まれていることが多いです。
その他に年間ごとに別途管理料が1万円前後かかることもあります。
納骨堂の予算を抑えたい場合は、公営のところがおすすめです。
民営に比べると安い料金で利用できます。
最近はお墓のあり方に対する考えが多様化してきて、必ずしも従来タイプのお墓を持たず、納骨堂を利用する方も増えています。

納骨堂にかかる費用の相場について

納骨堂にかかる費用の相場について 遺骨をお墓を納める場合と同じように、納骨堂におさめる場合にもたくさんの費用がかかりますが、その相場は選択する納骨壇のタイプによって異なります。
納骨堂に遺骨をおさめている遺族の多くは、遺骨を1~2体分納められるようになっている納骨壇を使用していますが、このタイプの納骨壇を選ぶ場合にかかる費用は、納骨式までの儀式などにかかる分も含めると50万円前後が相場となります。
一方、家族用として3~4体分が納められるタイプの納骨壇を選ぶと費用の相場は100~120万円程度となり、大幅に高くなります。
たてるのに100万円を大きく超えるお金が必要となる場合が多いお墓に比べて、納骨堂は安い料金で遺骨を納めることができ、その後も管理料を支払い続けていれば、運営者側できちんと管理してくれます。
ただし、納められる遺骨の数には制約があるため、先祖の遺骨がたくさんある場合は、納骨堂に移すのではなく、お墓にそのまま納めておく形にした方が良い場合もあります。

新着情報

◎2018/3/12

納骨堂が倒産したら?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

納骨堂へお参りに行く時間帯は?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

手続きに必要な書類
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 墓」
に関連するツイート
Twitter