納骨堂で納められる納骨の数は決まっている?

納骨堂で納められる納骨の数 墓地をつくる土地がなくなりそうだと近年言われています。
また核家族化が進み、先祖代々の家を意識することが少なくなり、お墓を守っていくという意識も減りました。お墓が荒廃し無縁仏となるものが増えている昨今、この問題を解決するものが「納骨堂」です。
一般的なお墓を「一軒家」とすると、納骨堂は「お墓のマンション」です。都心のような狭い土地に多くの世帯のお骨を納められるメリットがあります。都心に納骨堂が建てられれば、楽にお参りができるメリットもあります。こういった点で最近はとても人気があります。
さて、納骨の数は決まっているものでしょうか。納骨堂にはいろいろな形があります。
ひとりで入る「個人墓」、夫婦ふたりで入る「夫婦墓」、家族で入る「家族墓」とお墓の大きさにより納骨の数は決まります。
最初にどの大きさのお墓と契約するかで納骨の数が決まるので、安いからといって個人墓を契約した後に他の家族などを入れることはできないので注意が必要です。

納骨堂へ骨を納める手順

納骨堂へ骨を納める手順 葬儀が終わった後は、遺骨をしばらくの間自宅に安置しておくことが通例とされています。
その後、墓地に納骨することになりますが、遠い場所にあるためすぐに納骨できるようなお墓が無い場合は霊園や寺院にある納骨堂に骨を納めます。
納骨堂に骨を納める手順は、まず寺院の本堂や法要室などの場所で「納骨法要」を行います。
納骨堂の室内に卒塔婆をたてることはできませんが、寺院などによっては屋外に卒塔婆をたてるケースもあります。
この納骨法要では、亡くなった方にお供えするお花やお菓子、飲み物などを用意しておく必要があります。
実際に骨を納める際には僧侶がお経をあげます。
お供え物をお供えし、ろうそくや線香などを準備して参列者にお焼香をしてもらいます。
最後に僧侶にお布施を渡すという流れです。
納骨が終わった後は、参列者で会食を行うのが一般的で、場所は様々ですがご仏前のお返しである菓子折りなどの準備がマナーであるため事前の準備が必要です。

新着情報

◎2018/3/12

納骨堂が倒産したら?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

納骨堂へお参りに行く時間帯は?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

手続きに必要な書類
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 寺」
に関連するツイート
Twitter